吉良店で第2回ハンドケア講習会を開催しました。

【会場】
いとう薬局吉良店

【期間】
2019年10月15日(火)~10月31日(木)

手が乾燥して荒れていることによって、思っている以上に生活に支障を来たすことがあります。ハンドケア講習を実施することにより手だけでなく、肘、膝、かかとなど局所の乾燥からくる痒みなどにも関心をもっていただき、痒み、ひび、あかぎれ、しもやけを防ぎ生活の質を向上することを目的としました。

手を清潔にした後、Moisture Checker(水分計)を使って手の甲の水分量を測定。測定値は「手肌の水分量チェック表」に記録。準備した数種類のハンドクリーム中から試したいハンドクリームにてハンドマッサージ後、手の甲の水分量を測定。ハンドマッサージの前後で水分量の違いを比較しました。

ほとんどの方が手肌は“とても乾燥”していました。ハンドマッサージ後、水分量はすべての参加者で向上。しかし“とても乾燥”から“乾燥”に上がったが、“標準“まで改善するケースはまれでした。

参加者のなかには見た目以上に乾燥していることにびっくりされる方もみえました。
ハンドクリームの種類は無香料が人気でしたが好みの香りを選ぶ方もみえました。
日々の生活が忙しくハンドケアに気を配る時間があまりない方、ハンドケアには関心がない方が多かったので、「こんなに丁寧にハンドマッサージをしたのは初めてです」と感謝されました。
まだ10月であり、ひび、あかぎれ、しもやけの方はみえませんでしたが、ほとんどの方は“乾燥”していました。

今回のハンドマッサージで、手がうるおう事がいかに快いかを体験していただけました。
ハンドマッサージ後すぐにハンドクリームを購入された方もみえました。
手の荒れに困っていた様子なので問題解決になれば幸いです。
参加者は高齢者が大多数で、手だけではなく身体も乾燥されている方が多かったようです。
身体の乾燥がひどくなれば、場合により痒みも増し、睡眠にも支障をきたすこともあります。
ハンドマッサージをすることで手荒れが改善し、日々の生活がより快適になり、ひいては身体の乾燥にも関心を持っていただけることを期待します。