日豪共同薬局研究JP-QUEST「外来高齢者ケアの質を可視化する」中間報告会にて、いとう薬局吉良店が「外来高齢患者100名へ提供したケアの質をQIで俯瞰した時に見えてきたもの」の演題で、2020年7月~9月の3ケ月間の取り組みを報告致しました。

いとう薬局吉良店の全ての薬剤師が本取り組みに参画し全体的に高齢者への服薬スキルアップに繋がってきていると感じます。後半の3ケ月間2020年10月~12月はインフルエンザ感染や新型コロナウイルス感染拡大が懸念される時期でありますが、前半の取り組みの良い点は継続しながら、反省点は改善していくように心掛けて引き続き外来高齢者ケアに取り組んで参ります。

コロナ禍でありますので、中間報告会はオーストラリアと日本をZoomで結んでの発表形式となりました。2021年1月ごろに開催と伺っています最終報告会がリアル報告会となれば嬉しいです。