2016年7月19日に藤田保健衛生大学病院で開催されました平成28年度第1期薬学生実務実習発表会に参加しました。
昨年度に引き続き2回目の参加になります。
今回は、病院で実習した薬学生と保険薬局で実習した薬学生が合同で発表するということで興味を持って聴かせていただきました。
病院で実習した薬学生からは「病院薬剤師の役割り」を大きなテーマとしての発表でした。
保険薬局で実習した薬学生からは「施設での在宅医療の認知症患者」に関する発表でした。
それぞれの現場で多職種と連携、協働して薬剤師職能を発揮し医療、介護、福祉に貢献できるのかを多く学んだ発表内容でした。
今後の学生生活で実務実習での経験を生かし薬剤師となって羽ばたいてください。